エンジニアの独立支援

エンジニアのあなたも独立をして高い報酬を求めませんか?

 

エンジニアの中には独立をして高い報酬を求める方も多いですが、そこで問題になるのだ社会保証です。会社で働いているときには、社会保険を半分会社が負担してくれますが、独立をすると国民健康保険と国民年金に自己負担で加入しなければなりません。そのことで独立を躊躇している方も多いと思います。

 

その問題を解決できるのが「Midworks(ミッドワークス)」です。

 

 

詳細は下の画像をクリック ↓

 

 

 


ミッドワークスのおすすめポイント

 

正社員のような安心保証。

 

「ミッドワークス」を利用するには「ブランディングエンジニア」という会社と専属契約を結びます。その「ブランディングエンジニア」と労使折半で社会保険に加入することになります。

 

報酬が40%以上アップすることも。

 

独立をする魅力といえば何といっても報酬のアップですよね。やはり、社員時代とは違ってそれなりのリスクを負いますので、報酬が上がらなけれ場意味がありません。

 

その他に、面倒な経理も経理支援クラウドシステムを無料で提供交通費の全額支給、スキルアップのための書籍や勉強会費を月に1万円まで支給してくれます。


苦い経験からの起業

 

高校生の時に月間約300万PVの音楽系サービスを立ち上げたことのある、自身もエンジニアの発案者が大学時代に3社の立ち上げを経験した。

 

その時に優秀なエンジニアがいるのにプロダクトが完成しなかったり、優秀なエンジニアを集めるのに苦労したそうです。

 

そのような経験から起業するに至ったんだそうです。


類似サービスとの違い

 

ミッドワークスの他の類似サービスとの違いは、手数料の透明性です。

 

エンジニアがミッドワークスに支払う手数料は、企業から受け取った報酬の最大20%です。

 

その中から社会保険料を支払ったり、会計ソフトの無料提供や書籍、勉強会費の支給もあるので、ミッドワークスに入る手数料は実質10%〜15%程度です。

ミッドワークスのターゲット

 

ミッドワークスのターゲットは、優秀だけど企業に所属していることで給料の上限が押さえられているエンジニアの方です。

 

心当たりのある方は是非どうぞ。

 

 

詳細は下の画像をクリック ↓